gene par YUKIO MISHIBA Taslan Ox Sarrouel Pants


Taslan Ox
Sarrouel Pants


タスラン加工の綿麻オックスを使用したサルエルパンツ。
タスラン加工は無撚糸加工とも言われ、その名の通り糸に撚りをかけず、空気の力によってループ状に強く結束させる加工。通常の糸に比べて、柔らかい肌触りで軽量、シワになりにくく丈夫、分量や体積の大きさを示す嵩高性(かさだかせい)を得られます。
デニムのようなゴワつきがなく、かつジャージーのようにラフ過ぎず、適度にカッチリとした機能的素材を用いたパンツのカタチは、オフセンターのボタンフライフロントから股上を深く取り、膝から下をタイトに絞り込んだサルエル×スキニー。
脚の可動域が狭まるサルエルながら、その要所となるクロッチ(股)部分をテキスタイルの特性を活かした直線の切替線で組み上げています。
ポケットや各ポイントに用いたカンヌキ止めなど、ディテールにこだわった1着です。
ウエストにはコードを通しています。
素材
ポリエステル78%
コットン15%
リネン7%

カラー
ブラック

サイズ(cm) ウエスト 総丈 股上 裾幅
30 80 106 33 15

gene par YUKIO MISHIBA(ジェネパー ユキオミシバ)
「gene」― 遺伝子というワードをブランドネームに持つのには
理由がある。
「遺伝子」とは生物の持つ塩基物の複雑な配列による情報伝達デ
ータであり、受け継がれる核となるものである。

ここに一つの洋服があり、それを構成するのは糸・素材、そして
デザイナーの感性でありインスピレーションである。洋服は洋服
であるけれども、それはすでに単なる有機物ではなく、様々な遺
伝子から情報伝達を受け、完成する作品である。
"gene par YUKIO MISHIBA"とは"gene by YUKIO MISHIBA"。
素材がデザイナーの手によって新たな情報を得て、以前とは違う
風合いやニュアンスを視覚化していく。その工程に再現や規制は
ない。あるときは草木であり泥でありラバーであり墨であり、粗
野であり優雅であり、無骨であり繊細であり、音や光、性別を超
えた太極であり、思考は伝達され形となり、それはすべての可能
性を秘める。そして可能性は選び手、着る人の新たな遺伝子情報
を得て広がっていく。そこには国境も人種も年齢もない。自由な
感性と創造性は、手にした瞬間から委ねられ、また新しい「gen
e」が発信される。


型番 MPR-02

ピックアップ商品